咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
楼主: koume88

日文小説『神様がくれた指』

[复制链接]
 楼主| 发表于 2012-2-13 14:58:09 | 显示全部楼层
口罩面 发表于 2012-2-13 12:13
楼主不能发个TXT之类的版本么..

手打的,没有TXT。。。。扫描出来的又不清楚~~~~
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2012-2-14 21:05:10 | 显示全部楼层
koume88 发表于 2012-2-13 14:58
手打的,没有TXT。。。。扫描出来的又不清楚~~~~

soga、辛苦了=3=
回复 支持 反对

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2012-2-15 13:11:07 | 显示全部楼层
口罩面 发表于 2012-2-14 21:05
soga、辛苦了=3=

打つスピードを練習しながら。。。(^0^)/頑張ります。
回复 支持 反对

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2012-2-15 14:33:15 | 显示全部楼层
6
 二階の北の部屋の電灯のスイッチを手で探りながら、日が短くなったな、と昼間薫は思った。まだ六時半にならないのに、こう完全に真っ暗では……。
 蛍光灯の白々とした光が占い師マルチェラの姿を化粧台の鏡に映し出した。この衣装を一度脱いで鞄につめて「なかもと」でもう一度着替えるのは実に面倒だった。えい、このまま行ってしまえと、三度に一度は考える。家の門のあたりで三沢ににらまれるのがいやだというのではなく、夜でもこうこうと明るい一ツ木通りを横切るのが恥ずかしいというのでもなく、ただマルチェラの姿であまり日常空間をうろつかないように努めているだけだ。マルチェラが存在するのは、この世で二カ所だけ。三沢屋敷の客間と「なかもと」の脇の路地裏。因縁のある所にだけ現れる幽霊みたいなものである。
 白いドレスを脱いで、半裸のままで、ていねいにたたんでいると、化粧台の鏡の中の闇で何かが動いた。悲鳴をあげずに済んで幸いだった。同居人が帰宅していることをまったくしらなかったとはいえ、着替えを見られたくなかったら、ただ戸を閉めれば良いのである。
「失礼」
 昼間薫は南の部屋の暗がりにむかってつぶやくと戸襖を静かに閉めた。
 きっかり五分後に外出の示度を整えて、その戸襖を押し開き、やはり隣の部屋が暗く、ひっそり静まったままなのを見て、少し迷いながらささやくように声をかけた。
「辻くん?寝てるの?」
 同居人は小鳥のように規則正しい生活習慣を身につけているが、いくらなんでも眠るには早すぎるだろうと考えた。
「具合悪いんじゃないでしょうね?」
 万年床に転がっている長身の輪郭は否定的な音声をたてた。そして、腹筋運動のようにむっくりと上半身を起こした。
「マッキー!」
 呼び名を訂正されるのは初めてではなかったが、昼間はどうしても、そのアメリカンにしてライトフルなフィーリングにすんなりと馴染めなかった。
「オマワリだって俺を辻とは呼ばないよ」
「そうでしたね」
 曖昧に返事をして逃げ出そうとしたが、マッキーこと辻牧夫が眠りもせず病気でもなく暗がりでいったい何をしていたのだろうと不思議になった。完全な暗がりではない。鎧戸を開けたままの南の窓からはミュージカル劇場の広告塔の派手な明かりがちらちらと差し込んでくる。辻牧夫の顔は時折青く電飾される。妙にまじめくさった顔をしている。憂鬱そうな、といってもいいくらい。
 昼間はまた迷った。別に急いでいるわけではない。しかし、同居人の私生活にこれ以上踏み込みたくはない。
「何か、まずいことでも……?」
 それでも結局は問いかけてしまう自分の性格が嘆かわしかった。
「——結婚、したことある?」
 予想外の話題だった。
「いえ」
 昼間は小さくかぶりをふった。
「考えたことは?」
「それは、あります」
「でも、やめちまった——」
 詳しい話をうながすというよりは、過去の恋を悼むような低いつぶやきに心を打たれて、昼間は南の部屋の入口近くの畳に腰を下ろした。
「お粗末な話でね」
 ゆっくりと口を開いた。
「二人とも若くて未熟で。大学を出たばかりで……」
 昼間の人生の流れを大きく変えた恋の終末である。老女マルチェラに一度話しただけで、以来、自分からは口に出したことがない。
「ダメになった恋というのは、言葉にすると、どれも、どことなく似ていて陳腐ですね」
 占い師として数知れぬ失恋に付き合ってきた昼間は醒めた口調でそう語った。それ以上語るつもりはなかった。
「どんな女?」
 しかし、スリの青年が、およそ無神経とも言えるざっくばらんさで尋ねてきたので、
「小さい女」
 昼間薫はそれだけ答えて微笑んだ。微笑んだつもりだったが、唇のひきつりのようなものに終わったようで、部屋が暗くて助かったと思った。
 辻は、ふうんと言ったきり黙っていた。好奇心があるのかないのかわからない男だ。
「まあねえ」
 しばらくたってから、ぽつんと言い出した。
「俺も自分よりデカい女は嫌だな」
 昼間薫は今度は本格的に微笑した。
「目立つカップルになるでしょうね」
 それから、ふと気持ちを変えて言い継いだ。
「私たちも結構目立ったようでした。彼女は百四十八センチしかなかった。同じ法科のゼミで、そこだけ小学校だと」
 相手がニヤリとするのがはっきりと見てとれた。窓の外の街明かりと、暗がりに慣れてきた目の力を侮ってはいけない。
「なんで逃げられたのさ?」
「逃げられた——と、なぜ思うんです?」
「わかんねえけどさ。逃げた話より、逃げられた話のほうが面白いでしょ」
 昼間薫はその一言に呆れるあまり、警戒心の最後の一かけらを失った。
「彼女の愚痴話を私がちゃんと身を入れて聞かなかったからです」
「そりゃ、ないでしょう」
 辻はあっさりと言い放った。
「うるせえって怒鳴ってやれば良かったんだよ」
「そうかもしれないですね」
 昼間は吐息のように静かに言った。
「本当にそうかもしれない」
 その声の調子に、相手がわずかに目を見開くのがわかった。
「私はうるさいって言えませんでしたよ。代わりに、電話のコードをひっこぬきました。会社の人間関係の愚痴なんて毎晩毎晩聞きたくなかった。自分の司法試験のことで手一杯で。そうしたら、彼女、果物ナイフで手首を切った。未遂でしたけどね。狂言かもしれませんけど。でも、そこまで追い詰められていたのをぜんぜん気づかなかった」
 人の話を聞くというのはむずかしいものです、と昼間は自分に言い聞かせるようにひっそりと付け加えた。
「そういう女は何度でもやるよ」
 辻牧夫はつぶやいた。
「相手があんたじゃなくても、たぶん、やるよ。自殺とか、そういうの」
「そうかもしれない」
 昼間は言った。
「でも­——」
「気にすることないんじゃないの」
「中本は」
 昼間はやはり同じゼミだった弁護士の友人の名前を持ち出した。
「あいつは、私が後悔とヤケのあまりに、司法の道を踏み外して、彼女に殉教したと信じていますよ。でも、そうじゃない」
 きっぱりと断言する。
回复 支持 反对

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2012-6-5 11:04:02 | 显示全部楼层
「なんだかね、その事件以来、世の中が違ったものになってしまったんですよ」
 話がやめられなくなってきた。
「私は優等生だったわけです。父親に絶対服従の。父と姉の人生観に支配され続けていた優等生。それで、逆に、彼女のエキセントリックなところに魅かれたんですが、その本物のレジスタンスではない。自分の鈍感さもたちらなく嫌でしたが、彼女の弱さもショックでしたね」
「昼間さん」
 辻はかぶりをふった。
「俺は大学で法律の勉強をしてないから」
「法学じゃない。心理学ですね」
「よくわかんねえけど、もうお勉強はやめちまったってこと?」
「そう。法律のお勉強はやめました」
「で、博打」
「人間研究です。カードによる人間学のお勉強。タロット・カード。トランプ・カード」
「極端だねえ」
「そうですかね」
 昼間は言い返した。
「もともと、こういう人間なんですよ。化けの皮が剥がれただけです」
 辻は首をかしげたが黙っていた。
「あなたがうらやましい気がする」
 昼間はとがめるような口調で告白した。
「犯罪者だが、実に首尾一貫している」
「そんなに簡単じゃないよ」
 辻は反対側に首をかしげた。
「俺だってね、色々とややこしいんだよ」
「結婚——という話でしたよね」
 昼間はふりだしに戻った。
 辻は、もういいよというふうに首をぐりぐりと振りまわしたが、
「結婚したい人がいるんですか?」
 自分ばかりしゃべらされてはたまらないとばかりに昼間も追及した。
「俺は」
 辻は溜め息をつくように言った。
「ぜんぜん考えてねえんだけど。まわりが勝手にね」
 キリッと歯を食いしばった。
「だってよう、ぜんぜんつきあったりするような女じゃないんだせ。一緒に育ったんだぜ。なのにさ、みんな、そういう目で見やがるんだ。言われたのは初めてだけどさ」
「その、相手の人に?」
「違うさ。外野だよ」
 それで、暗がりで沈没しているわけか。いっぱしの遊び人風の悟った口を叩くわりに、とんでもない純情野郎だ、と昼間はおかしくなった。
「うらやましい話だ」
 と昼間は言い、その言葉に辻が眉をひそめる様子を見て、一度ならずニ度までもうらやましいと口走ってしまった自分を少しさびしく感じだ。
「本当にね。祝福しますよ」
 素直に羨望をあらわしたつもりだが、どこか皮肉な響きがあり、自分でも驚いた。
「よしてくれよ」
 辻は力なくつぶやいた。彼の困惑は思いのほか深いもののようだった。
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2012-6-5 11:58:06 | 显示全部楼层
感服の至り、大変ご苦労さまでした。
頑張ってください。
回复 支持 反对

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2012-7-17 10:37:13 | 显示全部楼层
 三沢屋敷を出た時に門の前ですれちがった小柄な——自分よりは大きいが——革ジャンの青年が一瞬まじまじとこちらを見つめたようだ。見慣れない青年だった。しかし、昼間は特に気に留めなかった。赤坂の街には見慣れない青年がうようよ漂っているし、性別をしりたそうに好奇の眼差しを向けられるのは珍しいことでもなかった。
 夜風はひやりとしていた。長い革コートを通し、薄いウールのセーターを通し、下着替わりのTシャツを通し、素肌を通して、しんしんと血の中にしみこんでくるような十月末の夜気だ。一ツ木通りの街灯の光もネオンサインも車のブレーキ・ランプもショーウィンドウのガラスも宝石のように華やかに透きとおってきらきらしている。
 古いデュエット・ソングのフレーズにもなったこの通りは、テレビ局とナイト・クラブで有名だが、間口の狭い肉屋や魚屋や乾物屋や和菓子屋が点在する商店街でもある。日常と非日常のちゃんぽん。並行して走るみすじ通りが一番飲み屋街の色彩が濃く、さらに並行する田町通りはここ数年でファッション・プラザや洒落た造りの飲食店ビルが立ち並び急にきらびやかでスマートになった。長引く不況で高級クラブや料亭に陰りが見え、社用族や政治家や芸能人という金回りのいい大人の街から、普通の若者向けのプレイ・スポットに変わりつつあるのだろうか。街の毛細血管のような路地に店を開いて占いなどをやっていると、そんな変化が敏感に感じ取れる。若い客が増える。浅い悩みや期待が語られる。そう。ニ度とは来ない客が増える。
 ふと、今日の午後にやってきた三人連れの高校生のことが頭をかすめた。二人はちょうどそんなタイプだった。もう一人は——自分のことをまるで語らなかった永井という少女は?あの子もおそらくニ度とは来ないだろうが、悩みも期待も決して浅いものではなさそうだ。あの子の印象はいつまでも頭の中から消えなかった。何か、胸騒ぎにも似た不吉な感覚を覚える。なぜなのだろう。ただの内気な少女ではないか。あの子が今夜にでも人生に絶望して手首をかき切るとでもいうのだろうか。
 昼間薫は身震いした。
 もっと、ちゃんと話を聞き出しておけば良かっただろうか。たとえ、彼女を馬鹿にして邪魔にしている友人の前でも。いや、そういう問題ではない。自分は一介の職業占い師である。彼女の恋人でも家族でもない。
 まったく、昔話などするのではなかった。あの辻という男はやっかいだ。あの男と一緒にいると、時々、自分の言動や感情の流れの予測がつかなくなる。行きずりの他人として日常を共にしている気軽さ。そして、あの男のいかにも小悪党らしい、勘の良さ、したたかさ、気取りのなさ、のんきさ。ついつい引き込まれてしまう。
 彼の言葉には不思議なくらい虚飾がなかった。
——気にすることないんじゃないの。
 中本にも姉にも何度も言われて、その度に反発と嫌悪を覚えた言葉が、辻牧夫の口から彼の声にもせて差し出されると、まるで違った軽さと重さをそれぞれ持って心の奥にすとんと落ちていくような気がした。
 当時はともかく、五年の月日が流れた今は毛ほども気にしていないつもりだったが、そうでもないのかもしれない。罪の意識というほどのものではない、ささやかな自責の念が、表層意識からは巧みに追い出されて、深層心理に溶け込んでいるのだ。
 あれ以来、真剣な恋はしていない。父に勘当されて外国をふらふらしていた時に幾つかの軽いアバンチュールはあったが、帰国してからは、私生活の上でも彼は常に占い師マルチェラであった。性を超越し、ストイックである。どんなに優しく接しても、決して心の素顔をさらすことはない。
 自分が不幸だとは思わない。今のまま、川に浮かんだアブクのようにふわふわふわふわと流れつづけていくのがいい。時にはパチンとはじけるだろう。でも、また、すぐにプクリと生まれてくるだろう。
 ゆっくりと深呼吸とした。
 少女永井の大きすぎるばんやりとした瞳がダーク・グレーの空から、じっと彼を凝視しているような気がした。

 一ツ木通りとみすじ通りを結ぶその路地は、ネオンとネオンの光の間にたたずむ細く短い暗路である。飲み屋街の抜け道として夜はそこそこの人通りがある。料理と小便とエアコンの排気の匂いがいつもかすかに漂っている。
 マルチェラの背後は「なかもと」の板塀、目の前は共同ビルの青い横壁が続く。軒下というわけではないので、雨天即休業である。
 見台は廃材のベニヤ板で制作した。見台を覆うクロスは中元家の物置にあったピアノカバーを元にして縫い上げた黒と赤葡萄酒色のリバーシブルだ。灯りは代官山の雑貨屋で見つけた山荘風のガラスのカンテラ。自分とお客の座る二脚の椅子は「なかもと」のお古なので少しばかりがただたしている。薄いプラスチックの板と油性ペンキで仕上げた立て看板には、タロット、手相、人相、千円と書いてある。
 基本的に天候以外の理由ではマルチェラは休まなかった。行列のできる日もあり、できない日もあったが、客の来ない日というのは決してなかった。
 勤め帰りのOLの川原さんのもつれた三角関係の相談にのり、毎日家の中で貴重品をなくしてしまう老紳士の三宅さんのパテック・フィリップの腕時計のありかを考え、一人娘の中学受験先に悩む主婦の木村さんの教育戦術にとっくりと耳を傾け、狭い新築ともっと条件のいい中古のマンションのどちらを購入すべきか今日こそは結論を出してくれと迫る四十代の夫婦の正田さんに自分は物件を見ていないのだから参考意見に留めてほしいと説得する。説得が功を奏さず、占いのはずが夫婦喧嘩の仲裁になって、いささかうんざりしかけた時、路地の暗がりの中をやけに身体の大きな男が落とし物でも捜すように下を向いてのそりのそりと歩いてゆくのを目にした。男は見台の脇を通り過ぎる時、一度だけ、まるで盗み見るようにぱっと視線をこちらに投げてよこした。おや?と思う。しかし、次の瞬間、正田氏が妻ばかりいつも椅子に座り自分が立ちんぼうでいるのはまことに不公平であると大声でわめきはじめたので、マルチェラはあわてて立ち上がって自分の椅子をすすめ、巨大な男のことは忘れてしまった。
 それから、十人ばかり客を観た。常連が五人、初顔が五人。そして、しばらく客足が途絶えた。
 お客たちの悩み事、声、気配、そんな置き土産が煙のおうに夜空に消えてゆき、代わりに昼間個人の日常的な雑念がふつりと湧き上がってくる。
 ちょうど、そんな時だった。
 みすじ通りの向かい側の歩道をゆkっくりとした足取りで歩いていく髪の毛の長い女の子の姿が視界をかすめた。黒っぽいトレーナーにジーンズに小さなリュックの中肉中背のごく普通の女の子だ。マルチェラは椅子からガバッと立ち上がった。いや、立ち上がりかけて、また腰を落とした。ああいう女の子はいくらでもいる。顔が見えたわけでもない。
 まったく、と少しいらいらして思った。どうして、あの子のことが気になるのだろう。悩みの一つだって打ち明けられたわけじゃない。もっと深刻な差し迫った悩みを抱えた客ならほかに何人もいるではないか。話を聞けなかったからかもしれない、とふと思いついて嫌になった。悩みを抱えていながら、その悩みを口にしていない、そんな状況に自分は過剰に反応するのかもしれない。
 また黒っぽいトレーナーとジーンズだ!長い髪だ。同じ子?同じような人影が同じようなのろい歩調で今度は反対方向にやってくる。今度こそマルチェラは立ち上がった。見料を入れた箱もそのままで、定位置の暗い路地から白いドレスの裾をひるがえして、華やかなすじ通りへ走り出た。
「永井さん?」
 トレーナーの色は濃紺だった。
 少女は振り向いて、まさに幽霊を見たようにひどく怯えた。走り出した。赤坂見附の方向に向かって、みすじ通りをまっしぐらに逃げていく。占い師は二メートルばかり追いかけてあきらめた。低いビールだが、こんなサンダルでは走れない。第一、「赤坂の姫」が走って女の子を追いかけるなど前代未聞だ。
 そう。マルチェラはこんなふうに明るい通りに出てきてはいけない。マルチェラはこんなふうにあわてた風を見せてはいけない。マルチェラはお客の名前を叫んで呼びかけたりしてはいけない。そもそも、彼女の名前を呼んだ声はマルチェラのものではない。少し気取って神秘的に優しくささやくような占い師の声ではない。澄んでよく通る中性的な高い声——昼間薫の地声ではなかったか!
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-1-24 10:58

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表