咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 2930|回复: 2

日本の渚

[复制链接]
发表于 2008-12-19 15:09:24 | 显示全部楼层 |阅读模式
加藤真
私は幼少の頃を、駿河湾の白砂青松の渚で過ごした。無数の貝が波(なみ)遊び(あそび)をする渚の情景は、遠い日の忘れられない記憶の一つである。砂浜にたたずめば、海岸線に沿って果たしてしなく続く砂丘と松林に、沖に向かって果たしてしなく広がる海と空に、視線は吸いこまれてゆき、日々の悩みや悲しみも、一瞬忘れてしまう。開放感で心が真っ白になり、ふと気がつくと汀線に貝殻が落ちている。その貝を昔の人々は忘れ貝と称したが、忘れるための道具は、実は忘れ貝そのものではなく、そのような貝が打ち上がる美しい渚だったのだろう。
高度成長期に入る前の日本には、松林に抱かれた自然のままの砂浜があちこちに存在した。しかし現在、多くの渚は人工護岸の海岸に変えられていて、渚と砂丘と松林という連れなりはほとんど残されていない。松林は切り開かれ、砂丘はやせ細り、わずかに残された砂丘を四輪駆動車が走りまわる。
たとえば、能登半島の増穂ヶ浦は、とりわけたくさんの貝が打ち上げられる海岸である。日本海から吹いてくる北風に吹かれながら、美しい汀線をたどり、打ち上げ貝を拾いゆけば、寒さも忘れて、海がはぐくんでいる生物の多様性にうっとりしてくる。しかし現在、打ち上げられる貝の多様性は、海の汚染や渚の生態系の荒廃を反映して、各地の渚で激減している。
このように白砂青松の渚には、人間活動のさまざまな影響が忍び寄っている。松林の伐採、砂丘の縮小、海岸の人工護岸化、海岸線の後退、海の汚染や富栄養化などだ。
人口の増加にともなって、過剰な土地利用を追求した結果、人の居住地や耕作地は渚のすぐ近くまで迫ってきた。そのため、防災の名のもとに、海岸線は松林や砂丘にかわって、コンクリートの防波堤で固められていったのである。
人の居住地から遠く離れた自然海岸にも、「なぜこんなところに。」と思われるような人工護岸が造られていることも少なくない。美しい渚は人口護岸一つで、その価値をいちじるしく損なわれる。
最近は、「水に親しむ」といううたい文句で、海岸線に階段状の堤防を造ることがはやっている。松林や砂丘をつぶして造る堤防は、たとえ人が座って海を眺められるように階段状になっていたとしても、けっして渚にやさしくはない。渚と砂丘と松林は大きな生態系の連環の中にある。松林は渚へ栄養分に富んだ地下水を供給し、波は渚と砂丘へ砂を供給し、また多くの寄りものをもたらす。渚と砂丘と松林は帯状に連なり、それらの間を移動する多くの生物をはぐくんでいる。そのような生態系の連環をたってしまう人口護岸は自然海岸にもっともふさわしくないものだ。
多くの砂浜が直面しているもう一つの問題は海岸線の後退だ。全国のほとんどの河川にダムができ、川は、土砂を山から海へ運ぶという本来の役割を果たせなくなっている。海への土砂供給が減少し、砂丘はやせ細り、海岸線は後退しつづけているのだ。
海岸線の後退に対して現在行われていることは、護岸堤の外側に消波ブロックを放り込み、砂の持ち去りを少なくするために離岸堤や潜堤を渚の波につくり、養浜のための突堤を海岸線から突き出させ、別の海から大量の砂を搬入するというような、対症療法的なものが多い。そこには満身創痍の渚の姿がある。
現在、盛んに行われている人工渚の造成は、砂の搬入によって渚の土着の生物を生き埋めにし、砂の浚渫(しゅんせつ)によって砂地の生態系を破壊する行為にほかならない。砂が搬入される場所にも、砂が浚渫される場所にも、大きな爪痕が残る。自然の砂浜と造成された人工渚との本質的な違いは、渚に生息する生物の種多様性だ。渚に打ち上げられる貝の種数を比べれば、人工渚のその貧困さは歴然としている。形ばかりの環境復元(ふくげん)は、本質的に生態破壊であるが、そのことに気づいている人は残念ながら多くない。
日本列島が白砂青松の渚で縁どられていた時代、渚は子供たちの遊び場だった。その頃日本は貧困な国だったが、渚で遊ぶことを通して彼らは豊かな感性を心の中にはぐくんでいた。渚が遠い存在になってゆく今、わずかに残っている変貌をとげる前の自然の渚の姿を、未来の世代に見ておいてほしいと思う。松林と砂丘と波がおりなす渚の風光や、そこに見られる生物たちの躍動や多様性は、おそらく言葉では伝えることができないものであり、どんなに予算を注ぎこんだ公共事業によっても「復元」できるものではない。
自然の海岸線にこれ以上手を加えるのをやめることが先決だ。松林の木陰(こかげ)に寝ころんで松の枝をつたう風の音を聞き、砂丘に咲き乱れたハマエンドウの花むらの中に座って広い海を眺め、汀(みぎわ)線(せん)に打ち上げられたくさぐさの貝を拾い、渚に足を浸してフジノハナガイの波遊びを見る、そんな体験をした子ともたちは、大人になっても、渚や砂丘を四輪駆動車で走りまわったりすることはないだろう。
『日本の渚』(1999)による
回复

使用道具 举报

发表于 2011-9-15 10:04:03 | 显示全部楼层
有没有翻译啊 可以发我邮箱284290657@qq.com
感激不尽
回复 支持 反对

使用道具 举报

发表于 2011-9-30 12:43:11 | 显示全部楼层
友情连接
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-1-20 23:26

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表